週末ですね。今日は寒さもひと段落。春らしい一日。日差しも明るく、それだけで気持ちもワクワクしてきます。

そんな春の気分の週末恒例の手相通信です!

春は出会いと別れの季節。そして新しいことがスタートする季節です。

そんな時こそ知りたい手のひらのサイン。

新しいことを切り開く、道を作っていくサイン。

【開運線】

文字通り、運が開けるタイミングで手のひらに現れます。そのタイミングをうまく掴むことが運を掴んで切り開く事になります。

開運線は生命線から現れます。

その線の向かう方向…それによって意味合いが見えてきます。

土星丘(中指)に向かう場合は、その生命線の年代に、独立、開業、昇進、結婚、出産など、人生の大きな転機、喜び事が起こると言われています。

線の長さ、太さがその喜び事の困難さや頑張り度合を表すと言われています。

太陽丘(薬指)に向かう場合は、本人や配偶者が地位や名誉、富などの喜び事に恵まれる事を表します。
開運線は生命線から出ている線ですが、その出所が生命線の内側の場合は、身内の援助や引き立てによる開運と見ます。

ありがたい環境に感謝をし、さらに努力する事で、その運を自分の本物の開運に変えていけます。

縦の伸びる線には、ラッキーパワーが溢れています。その線の向かう方向にも意味があります。

線の長さや太さ、はっきりとした表情にも意味の強弱が現れます。

常に変化し変わる事が他の占いにはない手相の特徴。

自分のサインを自分の力で育てていきたいですね。
春は開運線と共に…軽やかにスタート✨