久しぶりの手相通信。

先週からのプライベートでのバタバタ継続中。

なんとなく気持ちも落ち着かず、ゆっくりと手相通信を書く時間も取れない…。

楽しみにしてくれてる方、ご無沙汰してごめんなさい…。
手相通信を書くとき…手相を読むときも同じですが、気持ちがゆったりしつつも少し尖った感覚の時しか書けない。

ゆっくり向き合う事、細かな事も掴む感覚が大切だから。

昨夜久しぶりに自分の手のひらをじっくり見ると…ある変化が!
変化しやすい手相。特に知能線、感情線には変化が見えやすいです。
その知能線に、新しい先分かれが!

右手の知能線。現在、そして未来の方向を示す手相。

知能線は頭を使う事、興味のアンテナの方向、仕事の方向や発展を読み取る線の一つ。

その線の先が分かれる=興味のアンテナが増える。多芸多才。二足のわらじを履きこなすタイプ。

頭の回転が早く、器用に同時にいろんな事を処理出来るタイプ。

知能線の長さは考え方。長い方は熟考、短い方は直感が心地よく感じると言われています。
そして線の方向は思考タイプや特質を表します。
昨日見つけた知能線の変化は、先分かれの一つが小指の下(水星丘)に向かって伸びていました。

これの意味するところ…、ズバリ!頭を使ってビジネスに繋げられる。

水星丘はコミュニケーション、金運などを表す丘。

そこに知能線が伸びていくという事は、知識や能力を使ってお金を稼ぐ、ビジネスの形を作る事が出来る、向いているということ。

私にはこの線は無かったので、正直びっくり。

でも思うところもあるんです…。仕事において考えている事があります。決断の時。

この時期に現れたこの線。私の背中を押してくれているのかな…。

そんな気がしています。

50歳手前の決断笑!

手相は最高の応援団長のようです。

皆さんもぜひご自分の手のひらのサイン読み取ってみませんか?
興味のある方、ご予約お待ちしています。