本当は昨日書きたかった手相通信。

でも…昨日は少し体調が崩れる予兆みたいのを感じて、家事も放り出し布団に直行!笑

私はとにかくしっかり食べて寝て治す。体の声というか微妙な変化へのアンテナをいつも超敏感にしてるつもり。

体が資本の仕事。

以前のショーの仕事以来、体調管理が出来ずに休む事、仕事に穴を開けることは1番恥ずかしい素人のやる事!という価値観が染み込んでいるので、休む事なんてぜったりありえない!

だから、事前に自分の体のちょっとした変調にも敏感になるようにしています。

ゆっくり10時間寝たから…笑、すっかり回復!元気元気笑。

元気になると手相通信も書きたくなるんです!

お待たせしました!笑(待ってない?笑)

今年2回目の手相通信

手のひらの膨らみを丘と言います。

各丘は宇宙の惑星の名前が付いていて、占星術の惑星の持つ意味とリンクしていると思っています。

今日はこの手のひらの丘より、火星の名のつく丘。

実は手のひらには火星が付くのが3つ!

丘が2つ。平原が1つ。

手相 karada塾 四日市
人差し指指の下、木星丘の下が第一火星丘。

小指下、水星丘の下が第二火星丘。

この部分が膨らんでいたり、肌にハリがあったり、縦線横線がある場合、この丘の持つ意味合いが強まります。

火星丘の意味…。占星術での火星は闘いの星、男性性のシンボルの意味があります。

手相では…、リンクしてるんですよね〜。

第一火星丘の意味合いは、闘争心、活動力、意志力など。

ここの発達が弱い方は、気力に乏しく消極的な方が多いかも。目の前のチャンスを逃してしまいそう…。

逆にここが異常に膨らんでたり、線が多い人は、プライド高く我の強い人が多いです。ケンカにお気をつけあれ!

第二火星丘の意味合いは、正義感、義侠心、反骨精神、ライバル意識など。

ここの発達が弱い人は、間違った事だとわかっていても周りに合わせてしまったり流されやすかったり…しやすいという傾向があります。

逆にすごく発達している人は、正義感が強過ぎたり、反骨精神が悪い方向に出てしまうことも…。周りに理解されにくかったりして、自暴自棄になる方も…。

占星術の火星の持つ意味合いの闘いや男性パワーの部分に繋がってるなぁ…といつも思っています。

不思議なんですよね。
そして平原。火星平原は手のひらの真ん中のくぼみ。

ここは適度にくぼんでいる方が良相。

適度にくぼみ、縦線がある人は、感情と知性、体力のバランスの取れた方。体の中の流れがスムースで身体調整能力にも優れています。

中年期の運勢がこの平原に現れるとも言われています。

くぼみがなかったり…の場合は、心身のバランスを崩しやすいかも。

体の声を感じることが大切です!

無理せずに…。でも気力がないときは少し体を動かして…!

何事もバランスですよね。

手のひらの膨らみとくぼみも気にしてみると、いろんなサインがありますよ!