昔話をしたがるのは歳をとった証拠。

でも昔があっての今の自分。たまには思い出したいですよね〜
20歳の頃。地元福岡にいました。子供の頃からの喘息がひどくなり、入院生活を繰り返し。今の私からは想像もできないんだけど…。

そんな時、バブルの後波の流れで地元に出来る宇宙をテーマにしたテーマパークのショーダンサーオープニングメンバー募集が!

身体が強くなれば!という少し不謹慎な理由でチャレンジ!

きちんとしたダンス経験ゼロ。でもダンスは見るのも踊るのも大好きだったのでオーディションに!

そしてなんと合格。

それが私と仕事としてのダンスとの出会い。21歳の頃。
未経験者ですから出来ないことばかり。レッスンやステージで厳しい毎日だったけど、本当に毎日楽しかったし、ステージで表現者として暮らしている事が楽しくて楽しくて仕方なかった頃でした。

それから時間が流れ…今のトレーナーの仕事。そしてレッスン担当としてのダンスに出会いました。

そしてまたまた出会いと流れから、子供達のダンスコーチレッスンも担当に!

ずっと子供達へのコーチングに憧れと大きな夢を持ってたので本当に嬉しい!でも責任も大きいので身が引き締まります。

ダンスを通して、将来ステージで踊る事を目標にする子が出てくれるかな…。とか、人前で表現する喜びを感じて欲しいな…とか。

でも人前に立って踊るって…、勇気のいることですよね。その子のタイプにもよります。ストイックな練習をする子はまだまだだから…と踏み出せない場合も多いし。
そんな中、来月教えている子供達が人前で踊る事に!

ダンスの技術的、表現的指導はもちろんですが、ステージで踊るには衣装も大切!

でもお金をかけられないので、今日は朝から布屋さんに衣装探し。
キッズダンス karada塾 四日市衣装といっても、服を作るのではなく布を巻く…笑

巻いた布を最後には演出に使う!なんだか昭和チックですが…まあコーチが昭和育ちなんで笑。

懐かしいアイドル感満載のステージ演出を楽しんでくれるかな!
衣装あれこれ…を考えるのは本当に楽しく、布屋さん巡りも楽しくって仕方ない。

でも同時に、自分がステージに上がっていた時、いつも衣装をメンテしてくれて用意してくれて…。衣装さんやスタッフの方々が支えてくれてたからなんだなぁ…と改めて感謝の気持ちを感じます。

あの頃の衣装、凄かったもんなぁ。宇宙服だし、宇宙人だし笑。本当にみなさんの支えだったんだ…。
今回は私がコーチとして支える番。しっかりドームのステージで輝ける様に…!

支える、見守る仕事って素敵です。