先週は3年ぶりくらいに体調を崩してしまった…。

早めに寝て、最低限の体調をキープする事で仕事に穴を開けることはなかった。

赤点は免れたかな…。でも自分としては反省…。

家にいる時間の殆ど、マジに布団で寝てる母の姿を久しぶりに見た子供達は、それぞれに自分の出来ることで私を助けてくれた。

そんな姿に成長を感じる…。病気になって見えてくるもの…かな。

ほぼ戻った体調だけど、完璧ではない。

そう忘れていたが、私は気管支喘息の持病があった。2歳の頃からずっと…。

トレーナーの仕事を始めてからは、水が合うのか、気合いなのか…全く出てなかった。

そうなると人間、おごりが出てきて…もう自分が喘息持ちって事すら忘れていた…。

そんな時にきた…軽い発作。

軽い…。これが曲者。発作になりきらない気管支の微妙な苦しさ…。薬もないから呼吸や湿度、とにかく自分の力で回復させていくしかない…。

振り返ってみると….ずっと発作が起きてなかったから、すっかり薬の準備すら忘れていて、喘息だった過去すらなかったものになってたのかも…。

元気な事が当たり前の日常になって、その当たり前をなんとも思わなくなってしまうと、非常時の備えというか、用心というか…、大事な事、やらないといけない事が感じられなくなってしまうと。

元気であることにあぐらをかいてた…。

反省…。そして体は正直で1番痛いところをちゃんと突いてくる。教えてくれるためなのかな…。
元気な日常にあぐらかいて、手を抜くなよ!って事かな…。

先週は改めて健康と日々の過ごし方を反省した時間。

冬は風邪や胃腸炎、体調不良になることも多いですよね。

悪くなって焦る…。それが私も含め殆どの方に共通することだと思う。

でも本当ならいつもちゃんとケアをして、悪くなる前に潰していく。
これって仕事も同じ。

準備とケア。日頃から非常時にも焦らない自分であるために、自分の中にきちんとストックを作る。

当たり前に甘えない!

今年スタートの1月。しかも最初の満月の日にガツンと教えて貰った。

今年一年のテーマかな…笑

当たり前に甘えない!無理せず体の声を聞く。ちゃんと非常時の準備をする。

今年は奇跡の開花する一年らしい…。

こんなスタートもまた奇跡的🌟

体の健康あっての仕事。心の健康あっての笑顔。日々の元気あっての…私だもんね。
皆さんも今の元気、便利、快適を当たり前と思わずに…。生活も健康もそうですよね…。

まずは、自分の体の非常時準備から始めて見ませんか!

筋肉不足、歩けない脚力、増える体重、変わっていく体…に手を打つところから!